横川隆一のホームページ

建築・音楽・自転車・旅・あれこれ…

architecture, music, bicycle, travel and so on...

top自転車・旅利尻・サロベツ原野・札幌

自転車・旅 2010

利尻・サロベツ原野・札幌:2010.8.5〜8.10/自転車:Panasonic Traincle 6500-remodeled

行程概要拡大地図

■1日目:8月5日(木) 走行距離:48km
稚内空港から豊富温泉まで。

■2日目:8月6日(金) 走行距離:62km
逆風の中サロベツ原野を巡り、真っ只中で泊。

■3日目:8月7日(土) 走行距離:64km
サロベツ原野から野寒布岬を経て稚内へ至る。

■4日目:8月8日(日) 走行距離:67km
フェリーで利尻島へ渡り、時計回りに島を一周。

■5日目:8月9日(月) 走行距離:少し
みんなと別れて、フェリー・バスを乗り継ぎ札幌へ。

1日目:8月5日(木)

関空発10:10のANAで12:20稚内空港着、
羽田からの便で先着のサイダー・サリーナと合流し走り出す。

曇天で、これから数日の天気予報は芳しくない。

牧草のおにぎり!

牧草地帯が広がる。

今度は白いおにぎりだ!

豊富町の大規模牧草地でケロガメとも合流。

右からサイダー・サリーナ・ケロガメ。
今年のGW企画「みちのく横断」と同じメンバーだ!

うねる牧草。

うねる道。

「坂の上の雲」のロケ地がここにあった!

この辺りにはこんな風景が広がる。

今日の宿のある豊富温泉へ向かう。

2日目:8月6日(金)

翌朝。

6年前に泊った「百葉荘」の前を通過!
ここに泊ろうと思ったら閉じていた。

豊富市街へ向かう。

国道40号線を北上して「宮の台展望台」へ向かう。
見えてきました。

「宮の台展望台」に到着。

眼下にサロベツ原野が広がる。
その後、JR宗谷本線の徳満駅付近で鉄道を横切り、
サロベツ原野の中に!

逆風を突いて走る。

展望台へ向かう。

風が強いので、この展望台の中でお弁当を食べる。

展望台から…

ペンケ沼へ向かう道は途中からダート!

14インチのぼくにはきつい!!!

木道があって、その先に

赤いペンケ沼!

次に目指すは長沼!

これだ!

長沼に浮かぶコウホネのパッチワーク!

向い側に展望台があるので、

登って観ると、
向こうに長沼が見える。

その後一路海岸へ向かうと、風車だ!

これは!?

日本海に出て、

オロロンラインを疾走!

内陸に入り「サロベツ原生花園レストハウス」に到着。

見渡す限りの大草原…

木道があって、

散策する人たちが絶えない。

何となく夕方って言う感じで、

今夜のお宿は「あしたの城」!

「あたしのしろ」だと思っていたら

「あしたのジョー」だった!

雨かも!の天気予報が外れて良かった!


3日目:8月7日(土)

雨かもの天気予報で朝から何となく曇りっぽくて、

内陸部の道を北上、

白い牧草のおにぎりの向こうに、
何だか利尻富士の気配!

利尻富士が!

海岸の方に向かう!

利尻富士をバックに!

右から。サイダー・ケロガメ・サリーナ

こちらから、海の向こうに利尻富士を見る。

やっと実現しました!

いざ、出発!

写真を撮ると直ぐ置いて行かれます。

何しろズーッと時速20km超で走っていますから…

いい景色!

緩やかなアップダウン!

浜勇知の散策路。

木道をブラブラ…

昆布が飛ばないように!の網。

ゴマアザラシがいるかも!
って抜海の港に寄ったのですが、

ゴマアザラシはいなくて、
テトラポットが印象に残りました。

「坂の下海水浴場」では、サイダーだけ泳ぎまして、

その向かいの山肌です。

ここからは分かれ道。
左折して、野紗布岬へ向かいます。

野紗布岬には、
赤い縞模様の灯台と、
ピンク色の外壁のレストハウスがあります。

でもまあ記念写真!

その後稚内の市街地に入り、
山の手の高台に登ると、
「氷雪の門」が!

本郷新の彫刻です。

この高台からは、稚内の市街が一望できます。

降る途中で見えるのは、

稚内全日空ホテルと北防波堤ドーム、

北防波堤ドームは「北海道遺産」です。

なかなかの迫力です!

その側に海上保安庁の巡視艇が停泊していて、
今日は特別に見学できるというので、

乗船して、

見せていただきました。

今晩は稚内泊です。

4日目:8月8日(日)

翌朝、6:30発のフェリーで出発!

お天気です!

近づいてきました。

もう直ぐです。

アーチ橋が見えます!
サイクリングロードです。

利尻島に到着!
ペシ岬です。

乗ってきたフェリーが戻ってゆきます。

荷物を宿に預けて、利尻島一周に出発!

サイクリングロードに入ります。

これは良かった!
6年前は知らなかったので海岸沿いばかり走ったのです。

快適!

時々視野が海に開けます。

フェリーが入ってきました。

フェリーから見えたアーチ橋を渡ります。

姫沼は、 6年前は行きませんでした。
海岸沿いの道からはあまりにも高い所にあるからです。

中腹のサイクリングロードからでも結構な登りで、

でもいい!

いいでしょ!

またまた走って、

灯台!石ア灯台!!

昭和18年生れなので同い年です。

沼浦展望台から、

オタトマリ沼を見て、

その後メヌウショロ沼へ、

雲が湧き上がり続ける利尻富士!

メヌウショロ沼を一周して、

また走りだす。

ここは仙法志海岸

利尻富士は姿を変える!

沓形港!

6年前はここから礼文島へ向かったのです。
だから利尻島一周はしていなかったのです。

利尻島一周を目指して走り続けます。

快適なサイクリングロードです。

何時も見える利尻富士。

先を行く3人!

海に浮かぶポリモシリ島!

カモメだらけです。

フェリーが!

夕日丘展望台へ!

稚内の市街地。

利尻富士は雲の中!

5日目:8月9日(月)

翌朝。
礼文島へ向かうみんなと別れて稚内へ!



ゲロガメさんが見送ってくれる。

サイダーとサリーナはペシ岬のてっぺんを目指す。

到着!

フェリーは8:40に出港。

カモメが!

10:20稚内港に到着。

今春一期工事が完成したJR稚内駅の再開発ビルを見に行く。

 

設計は北海道日建設計

2012年春には全体が完成する予定。

稚内で初めての映画館が2階で開業していて、

バスターミナルの待合室もここに移動。

道路側に札幌行きのバス乗り場。
待っているのは彼女と二人だけ。

バスが来た!11:30発。

稚内港始発のバスはほぼ満席で、
ようやく最後部に空席を見つけて座る。
もちろん予約しているので座れるのだが、
ちょっと慌てた。

17:30札幌着、泊。

6日目:8月10日(火)

翌日地下鉄とバスを乗り継いで、
札幌芸術の森へ行く。

野外美術館は奥にあり、そこまでバスが行っている。

前庭のシンボル彫刻は、ライモ・ウトゥリアイネン

先ずは新宮晋!

一番気になっていたダニ・カラバンを見に行く。

先ず「門-1」

「日時計の広場」

「七つの泉」の奥に「円錐」

親子連れ・・・。

「円錐」から曲がって奥へ。

「円錐」から奥の「門-2」を見る。

「門-2」から「円錐」を見返す。

宮脇愛子

土谷武

ぼくの大好きな彫刻家!

掛井五郎

ホルスト・アンテス

散策路

65作家の74点がある。

奥の野外美術館から下ってくる。

彫刻の森の一番手前の入口広場にあるのは伊藤隆道

その奥の池に浮かぶマルタ・パン

芸術の森からは真駒内通りを北上、
途中から豊平川の河川敷を走り、札幌駅まで16q程走りました。

18:00発のANAで帰阪。